三味線FAQ

『三味線FAQ』では相互リンクを募集しています。
相互リンクご希望の方は、admin★o-mouke.com(★は@に書き換えてください)までメールにてご連絡願います。

相互リンクご希望に際しては当サイトへのリンクを事前にご掲載ください。
リンクの掲載が確認できない場合は、相互リンクを受け付けることが出来ません。

また公序良俗に反する内容を含むサイト様との相互リンクはご勘弁いただいていますことをご了承願います。

 

糸巻き、絃(糸)、駒、音緒、胴掛けについて

[糸巻き]

糸巻きとは棹の先端部分(天神と呼ぶ)に3本付いている棒状のもので絃を巻いて調子を整える時に使います。
三味線の種類によって太さが違います。
糸巻きの材質には次の様なものが有ります。

黒檀、青黒檀、象牙、アクリル

一般的には黒檀や青黒檀を使用します。
象牙は高級三味線に使用します。
アクリルは今若者に人気です。カラフルであり舞台では照明にあたってキラキラ光り
ます。

[絃(糸)]

絃は絹で出来ています。太さは1の糸2の糸3の糸によって違います。
その中でも太さが細かく分かれていてジャンルによって使い分けます。
3の糸は細く切れやすい為ナイロンやテトロンを稽古三味線や津軽三味線に使用します。
[駒]

駒とは3本の絃の下に置く枕の様なものです。
絃の振動を皮に伝える役目をします。
材質は木、象牙、鼈甲、竹などでこれもジャンルによって使い分けます。例えば津軽三味線は主に竹駒を使います。

[音緒]

三味線胴の一番下に付いている組紐の様なものです。
これに3本の絃を結び弦を張ります。
カラフルに色んな色があり三味線でのお洒落の一つです。

[胴掛け]

胴の腕を乗せる部分のカバーの事です。
これも色々な模様、柄があり好みで選ぶ事が出来ます。
津軽三味線においては皮製や漆を塗った胴掛けを使用します。
流派によっては決められた色の胴掛けを使用する所もあります。
邦楽三味線のプロの方は地味な色を好むようです。