三味線FAQ

『三味線FAQ』では相互リンクを募集しています。
相互リンクご希望の方は、admin★o-mouke.com(★は@に書き換えてください)までメールにてご連絡願います。

相互リンクご希望に際しては当サイトへのリンクを事前にご掲載ください。
リンクの掲載が確認できない場合は、相互リンクを受け付けることが出来ません。

また公序良俗に反する内容を含むサイト様との相互リンクはご勘弁いただいていますことをご了承願います。

 

【津軽三味線の奏法】

一般的な三味線の奏法は胴の棹の近くの絃を撥で弾きますが、
津軽三味線の場合はおもに胴の中ほどを胴に張ってある皮を叩く様に演奏します。

とてもダイナミックな音がします。

また、「前撥」「後撥」と言う奏法があり

「前撥」は胴の棹よりを「後撥」は胴の中央を叩くことで
音の強弱を付けたりリズムを付けたりして津軽三味線音楽にとっては大事なテクニックの一つです。

左手のテクニックもほかの三味線よりもはじいたり、擦ったり指を動かす量も圧倒的 に多いのが特徴です。

もう少し細かく奏法テクニックについて書きましょう。

『ハジキ』『スクイ』『スリ』『ユリ』『ウツ』『駒止め』『前撥、後撥』等のテクニックが有ります。